自分らしさを大切にして、暮らしを彩りたい…。 そんな想いを込めて手作りする方たちが増えています。 オランダ・ザンス・フォークアートが日本の暮らしの中にも溶け込むように、新しい種類のお花や技法を取り入れ、太陽のぬくもりや、自然の豊かさを、生活の中に感じていたいという願いを込めて描いています。 「筆で描く」ことを基本に、お習字と同じ感覚で個性をいかした手作りアートにトライしていただき、この技法が皆様方に愛され、より多くの方に描いていただけましたら幸いです。

1987年 オランダ民芸絵画を学ぶ。
1988年 オランダフォークアート修得のため、日本からオランダに渡った初めての生徒として、シルビア・ヘルダープロム・カウタース先生より修了証をいただく。
1989年 オランダ・ザンス・フォークアート会を設立。
1991年 ジュリアン吉祥寺本部教室を開き、東京を中心に名古屋、横浜、静岡、大阪などでも教室やセミナーを開く。
2003年 日本で初めて染料絵の具を使ったファブリックペインティング(布地絵付け)を発表。アンジュ新宿本店に教室を開く。

オランダザンスフォークアートの独自の世界を、
作家活動・講師活動を通じて展開しております。

1988年、単身オランダに渡り、花の国オランダ ザーン地方の民芸絵画芸術を学ぶ。 民芸絵画の創始者ジャック・ザウデマ氏の一番弟子といわれる、恩師シルビア・ヘルダープロム・カウスター先生から、現在の筆さばきの基礎になる技法など、多くのことを学びました。写真下はたくさんの花が咲き誇るオランダで最も有名なキューケンホフ公園。